理想のマスカラを探して

Posted by admin on 2014年4月1日 in 小説天気 with Comments closed |

多くの女性がマスカラに命をかけているように、自分もマスカラにはお金と時間をかけ、一番いいもの、を探し求めていました。自分にとって理想のマスカラは、まつ毛が太く、長くなり、ボリュームアップするもの、1日つけていても、目の下が黒くならないもの、汗をかいても取れないもの、というマスカラです。長さやボリュームアップというのは、けっこう出ているので、いろいろ試してみて、いいと思うものがありました。でも、ボリュームアップになるマスカラは目の下が黒くなりがちなのです。でも、それもウォータープルーフのマスカラを使うことで問題はなくなりました。
また、マスカラをしっかりつけるとクレンジングが大変なのですよね。しっかり落とさないとまつ毛が傷んでしまいます。でも無理やりに引っ張って落とすと、それもまつ毛を傷めてしまう原因に。そこでお湯でも落とせる、というマスカラを発見。さっそく使ってみたら、お湯でも落とせるので汗をかいたらマスカラがすべて落ちてしまいました。これでは困ります。
いろいろ試してみましたが、現在使っているマスカラは、ボリュームアップ効果があり、にじまないウォータープルーフ。クレンジングも無理なく落とすことができるというスグレモノ。気に入っています。

楽しげに踊る彼は上手でなくても魅力的

Posted by admin on 2014年3月28日 in 小説天気 with Comments closed |

お友達がエアロビクスの大会に出場することになりました。とはいっても、彼はエアロビクスを始めてまだ3ヵ月。いくら誰が出てもいい大会だからといって、無謀すぎるのでは?と思いましたが、一緒に出るお友達がほとんどエアロのプロのような人で、彼がいい経験になるから、と言うので出ることにしたようです。彼の師匠のような人なので、その人と一緒に出ることがうれしいようでした。
私は友達と応援に行ったのですが、会場は熱気であふれていましたね。何千人だか何万人だか忘れましたが、すごい人で、彼らを探すのが一苦労。うじゃうじゃいる人たちが一斉に踊るのですから、迫力です。遠くの人などは、イントラさんのリードが見えるのか、見えないのか分からないくらいの距離です。でも、グルグルと回るので、大丈夫のようでした。ゼッケンをつけた二人を見つけ、心の中で「がんばれ~」と応援しつつ、他の人たちのダンスを見ていました。エアロビクスに年齢は関係ないですね。白髪のおじいさんがとてもきれいに、上手に踊っています。その体力にも驚きました。しかも年配に見える人たちもたくさん。みなさん上手です。
当然初体験の彼は一次審査で落ちてしまいましたが、とても満足そうでした。彼も3ヵ月とは思えないくらい上手でしたよ。楽しそうで、男性ですがキラキラしていて、ちょっとうらやましかったです。

改めて思う携帯電話のマナー

Posted by admin on 2014年3月15日 in 晴れ with Comments closed |

今は電車の中で携帯電話で話をしている人はほとんどいなくなりましたね。以前は、車内で携帯電話を使ってしゃべっている人に注意をして、ケンカになった、という話もありましたが、今ではそれも少なくなった気がします。ただし、時々は携帯電話が鳴るとそれを受けてしまって話をしている人もいますね。中には平気で大声でしゃべっている人もいたり、小声でしゃべっていたりする人もいます。その気持ちはよく分かります。携帯電話に出られないと、「一体何の用事だろう?」と気になってしまいます。その場でかけ直したい衝動をおさえ、電車を降りる時まで不安な気持ちで過ごさなければなりません。それならいっそのこと、小声でしゃべればいいか、などと思いリダイヤルを押しそうになりますが、「やっぱりダメダメ」と思い直して、じっと我慢です。早急な用事なら、伝言に入れるだろうと思い、後でかけ直せば大丈夫、問題ない、と言い聞かせ目的地までじっと我慢です。
電車の中で電話がかかってきたような人を見ると、みんなソワソワしたような顔になっています。みんな同じ気持ちなのかもしれません。そんなふうに、マナーを守っている人を見ると、気持ちがよくなりますね。自分もきちんと携帯電話のマナーを守ろう、と改めて思います。

我が家の雄猫はモテない?

Posted by admin on 2014年3月4日 in 雑記 with Comments closed |

我が家の雄猫は1年中発情期ではないか、と思われるほど、いつも大きな声で泣いています。外出し、帰ってくる時には10m先から「ニャーオ」という声が響き渡っています。ニャーオ、ニャーオと鳴きながら帰ってきて、玄関先でさらに「ンニャー、ニャーオ」とドアが開くまで泣き続けます。それが1日のうちで5~6回繰り返されます。家に帰ってきて、エサをねだり、食べ終わるとすぐに出て行くのです。こまめに帰ってくるのは、近所にしかいないのでしょう。それほど遠くには行けないらしいです。
それほどこまめに帰ってくるのは、モテないせいではないか、と思うことも。小さい頃は目がクリっとしていて、本当にかわらしい猫でした。毛がふさふさしていて、洋猫ではないかと思うほど。それが成長するにつれ、毛は他の猫よりはふさふさしてはいるものの、普通になり、体はみるみる成長してデブ猫になりました。しっぽの太さも普通の猫の2倍はあります。あのクリっとした目は、するどい目つきになり、可愛げのない猫になりました。そんな猫は、猫の世界ではどのように写っているのでしょう?家の猫はモテないのでしょうか?デブだから?声が大きいから?猫のくせにおしゃべりだから?でも、いい香りはするし、体が大きいのが好き、という猫もいるだろうし、男性的魅力はあるのではないか、とも思うのですが、それは飼い主がそう思っているだけでしょうかね。

本を紹介するのは難しい

Posted by admin on 2014年2月25日 in 小説天気 with Comments closed |

ある日知り合いに「どんな本がおススメか」と聞かれたので、自分の知っている範囲で、自分の好みで、いろいろ教えてあげました。おススメの本を聞かれても、答えるのは難しいものですね。その人の好みとかもあるでしょうし、私は読んで面白いと思っても、その人が同じように面白いと感じるかは分かりません。実際、大好きな谷川俊太郎の詩の本を紹介したら、「理解できなかった」と言われてしまったことがありました。
そこで、その知り合いに、どんな本が好きか、どんな本を読みたいか、などを聞いた上でいろいろ提案してみたのですが、いっそのこと私の持っている本を貸してあげようと思い、貸してあげたのです。ハードカバーの本も含めて3冊くらい貸したのですが、1ヵ月経っても、2ヵ月経っても、何の反応もなく、本も返ってきません。忙しい合間に読むのでしょうから、なかなか時間がかかっているのだなと思っていました。それが半年くらい経ち、今度は心配になってきました。貸してある本は、作家のサインも入っていて大事にしているものだったからです。何となく、催促するのもためらわれ、半分諦めていた頃、やっと本が返ってきました。それも、返却が遅れたお詫びとして図書カードも添えられていたのです。うれしい気遣いです。でも、本の感想は何もなかったので、やっぱり私のチョイスがまずかったのかなあ、と。本を紹介するのは難しいものです。

百人一首の過去の栄光

Posted by admin on 2014年2月17日 in 晴れ with Comments closed |

『花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに』。小野小町が詠んだ有名な歌ですね。百人一首の中にもある歌で、私の好きな歌の一つでもあます。私が通っていたのは女子高だったせいか、年に1回百人一首大会がありました。自由参加でその時は100人程度参加したのだったと思います。自慢ではありませんが、そこで私は輝ける2位になったのです。1位ではなかったのは残念ですが、自分では満足です。
覚えるのはとても苦労しましたね。今ではとても無理です。若い頃の記憶力って素晴らしいなと思います。百人一首の覚え方などもいろいろあるようですが、その時は普通に、何度も読み返し、暗記をしたのだったと思います。どの歌も感動する歌ばかりで、その時は覚えやすかったですね。ただ、どうしても覚えられない、というかすぐに出てこない歌もありました。そういうことってありますよね。毎回この女優さんの名前が出てこない、どうしても覚えにくい、ということ。あれはなぜなんでしょうね。特にその女優さんが嫌いとかいうわけでもないのですけどね。
最近では俳優さんやタレントさんの名前がすぐに出てこない、ということもあり、記憶力に不安を感じています。脳トレが必要かもしれません。百人一首でも、また覚えようかなと思います。一つずつ、歌の意味をもう一度調べながら歌を楽しむのも、いいかもしれませんね。

電子書籍とペーパーブックそれぞれの魅力

Posted by admin on 2014年1月31日 in 小説天気 with Comments closed |

電子書籍というものがあり、最近ではそれを利用している人も増えているようですね。本を何冊も持ち歩かなくてすむ、というのはうれしいですね。その中に何千本(?)もの本があるというのは、信じられないくらい便利な話です。その時に読みたい本を好きなだけ読めるのですから、うれしい話です。さらに、ページをめくるという動作が必要ないので、電車の中で立ちながらでも、苦労せずに読めるのはうれしいこと。手や腕も疲れないですよね。電子書籍によっては、文字の大きさやバックの明るさも変えられるので、読みやすく設定できるのですから、便利なものです。
ただ、あまり慣れていないせいか、どうしても紙の方が好きなんですよね。落ち着くというか。パソコンの画面を見ていると、どうしても目が疲れてしまうような気がして。紙の本の方が目が疲れないと思うのは気のせいでしょうか?紙の匂いも好きだし、本を手に取って読んでいるのが、落ち着くのです。アナログなんですねきっと。でも、電子書籍も便利なので慣れれば好きになれるのかもしれませんね。
でも、電子書籍に慣れても本屋さんに行くのは、やめられませんね。本がたくさんある本屋さんの雰囲気、本に囲まれているという幸せは、本屋さんに行かないと味わうことができませんからね。

大好きなオオサンショウウオ。苦手なトカゲ

Posted by admin on 2014年1月17日 in 雑記 with Comments closed |

朝、「フーッ」という猫の低いうなり声で目を覚ましました。うなり声は私の枕元で聞こえてきます。何事かと寝ぼけマナコをこすりながら声の方を伺ってみると、何か黒い物体と格闘している姿が。手でつついたり、口にくわえたりしながら夢中になっています。何と戯れているのかとよく見てみると、細長い10cmくらいの黒い…トカゲだったのです。思わず「ギャーっ」と叫んでしまいました。私は爬虫類が大の苦手です。
子どもの頃は何とも思わなかったのですが、大人になるにつれ、トカゲやヘビ、毛虫などはとても苦手になりました。身震いするほど嫌いです。ところが、どういうわけかオオサンショウウオは好きなのです。井伏鱒二の小説にサンショウウオの話がありましたが、それを読んだからというわけでもありません。確かに考えさせられる内容の小説ですが、その影響でオオサンショウウオが好きになったわけではないです。ただ、オオサンショウウオの体の大きさは、私がオオサンショウウオに惹かれる理由の一つではあります。トカゲは苦手ですが、トカゲをぶくぶくと太らせて、大きくしたようなオオサンショウウオを見ていると、なぜだか心が落ち着くのです。ゆったりとしたその動作も心惹かれる理由です。見ているだけで心が和むオオサンショウウオ。しかし、目の前にいるのは、隙あらば逃げようとしているチョコマカしたトカゲ。飛び起きて、一目散に母に助けを求めに行ったのはいう間でもありません。

花粉アレルギーにはなりたくない

Posted by admin on 2014年1月9日 in 雑記 with Comments closed |

自分が寒暖差アレルギーだと知ったのはつい最近のことです。病院で検査をしてもらってそう診断されたわけではないのですが、症状が当てはまるのできっとそうだと思います。寒暖差アレルギーというのは、寒い場所から温かい場所に入った時、または温かい場所から寒い場所に行った時などに、鼻がチュクチュクするアレルギーです。気温の差によって鼻がおかしくなるのです。気温の差に敏感なので、しょっちゅう鼻がチュクチュクしていて、いつも「風邪ですか?」と言われてしまいます。
アレルギー性鼻炎はもともともっているので、ペットの毛などにも反応してしまうことがあります。いつもは大丈夫なのに、ある日突然鼻がおかしくなり、目がかゆくなるのです。さらにホコリなどにも反応することがあります。紙の多い場所などに行くと、鼻がチュクチュクし出します。それも花粉症にはまだなっていません。不思議だとは思うのですが、なぜか花粉症にはなっていません。毎年、今年はとうとう花粉症デビューかと思うのですが、何とか切り抜けて過ごしています。花粉症はつらそうですから、できればこのまま花粉症にならないようにしたいものです。いつも鼻がおかしいと、とても困ります。アレルギーは寒暖差アレルギーだけで十分です。

どうしても食べられない食材

Posted by admin on 2013年12月28日 in 雑記 with Comments closed |

私はウニがどうしても食べられません。ウニに失礼だとは思いますが、臭みを感じてしまい、おいしいと思えないのです。世の中の人はなぜあれほどまでにウニが好きなのか、私にはさっぱり理解できません。ただ1回だけ、「あれ?おいしいかも」と思ったことがありました。北の方の魚料理中心の居酒屋さんで食べたウニは、臭みがなく、トロッとしていておいしかった気がします。それでも、好物になるほどではありませんでしたが。それからは食わず嫌いと思われるのも嫌なので、何度かトライしてみるのですが、やっぱり好きにはなれないですね。
ただ、ピーマンやしいたけのように、食べた方が体にいい、食べないと大きくなれませんよ、と言われる食材ではないのと、高価な食材なので、あまり食べなくても誰から何を言われることもないです。そうはいっても、ウニも栄養のある食べ物のようですね。食べると血行がよくなる、ビタミンが多く、肌の新陳代謝をよくする、目の疲労回復に役立つ、などといった効果もあるようです。食べられるようになった方がいいのかな?とも思いますが、やはり高級食材なので、私くらいは食べないでいる方が、家計のためには助かるでしょう。お寿司屋さんに行っても、ウニを頼まないのは私だけですから。

素敵な居場所

ありそうでなかった?女性専用の掲示板があるんです★
他愛もないことを書いたり読んだりするだけなんですが、何だかとても居心地がよくて…。
とても大好きな場所になりました。

Copyright © 2012-2014 今日は私の小説休日 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.