文庫本を買う小学生

Posted by admin on 2014年8月5日 in 晴れ with Comments closed |

先日、本屋さんの文庫本コーナーで小学生くらいの女の子を見かけました。私がよく行く本屋さんは、ビジネスマンやOL向けなので、周りはスーツを着た大人ばかりです。さすがにランドセルを背負ってはいませんでしたが、その中に小学生が一人いると、とても違和感があります。確かにこの辺りはオフィス街だけれど、駅から少し離れれば住宅街もあるので、近所に住んでいる子だろうとは思ったのですが、コミックや児童書のコーナーでもなく、文庫本コーナーにただ一人でいたのにはびっくりしました。そしてそのまま一冊文庫本を手にしてレジへ向かい、普通にお会計を済ませていました。しかも現金で、カバーをつけてもらって。すごい小学生がいるものだな、と思ったのですが、よくよく考えてみれば、私もあの子と同じくらいの歳の頃、一人で、自転車で近くの大型書店に行き、文庫本コーナーに一時間も二時間もいるような小学生だったということを思い出しました。小学生からあの調子では、きっとあの子はもっともっと本を読んでいくようになるんだろうなあ、と微笑ましく思いました。なんだかその子を見ていたらあの頃が懐かしくなりました。あの頃買った文庫はまだ大事にしていて私の本棚を飾っているので、久しぶりに読んでみようと思います。

赤ちゃんは本がお好き?

Posted by admin on 2014年7月20日 in 小説天気 with Comments closed |

初めて本を読んだのは何歳の時だったのでしょうか。記憶にないのです。きっと、記憶にある人なんていないのではないでしょうか。なぜなら、ほとんどの人が、記憶がない頃に周りの大人に絵本を読んでもらっていると思うからです。そして、その絵本を読んでもらったことが、みなさんの初めての読書体験というわけですね。こうして考えると、読書というのはほとんどすべての日本人が通る道なわけです。そして、生まれた時にはみんな、本を読むということが好きなはずです。だって、絵本を読んでもらって嬉しくない赤ちゃんはいませんよね?本を読むということは、自分が知らない世界を知るということです。赤ちゃんは、知らないことだらけです。だからお母さんやお父さんは自分の子供に絵本を読むのだと思うのですが、不思議なことに、成長するにつれて本を読まない、それどころか、本を読むことが苦手だという人が増えていきます。みんな生まれながら本を読むことが好きで、実際本を読んで育ってきているのに、本を読むことが苦手だなんて、おかしなことだなあ、と私は思います。私たち人間はいくつになっても知らないことだらけです。本を読むことで、私たちは赤ちゃんの頃のように、まだまだ成長出来るのです。

図書カードを使う

Posted by admin on 2014年7月4日 in 晴れ with Comments closed |

みなさんは本を買うとき、現金やクレジットカードで払う人がほとんどだと思いますが、他にも商品券や、本屋さんでしか使えない、アレがありますよね。そう、「図書カード」です。子供の頃は、よくおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントされたことがあるのではないでしょうか。私は子供の頃から本が好きなので、人並み以上に図書カードをもらっていた気がします。誕生日プレゼントは図書カードがいい、なんて親に言っていた記憶があります。図書カードって、なんだかわくわくしませんか?初めて図書カードをもらった時、お金じゃないのにこれで本が買えるなんてすごい!と感動しました。本屋さんで図書カードを使う時も、普段は自分では持ち歩けないような金額の図書カードをレジで出すドキドキ感や、あといくら残ってるんだろう、足りるかな?というこれもまた違ったドキドキ、ひやひや感を感じたりしていました。でも、なぜか、大人になると図書カードを使う機会もなくなるし、そういえば図書カードなんて物があったなあ、という感じになってしまいます。図書カードはあくまでもらうもの、という感覚があるんですね。しかし、当たり前ですが、大人でも、図書カードは全然使っていいんです。自分に図書カードをプレゼントしてみませんか?

好きな本のジャンル

Posted by admin on 2014年6月16日 in 小説天気 with Comments closed |

私は、主人公が自分と同年代のものをよく読みます。割と現実的なものが好きで、主人公や他の登場人物に感情移入したり、ああ、あるある!と共感したりしながら本を読みます。また、ミステリーがとりわけ好きというわけではないのですが、普通のストーリーでも、最後にどんでん返しがあったり、この伏線はこういうことだったのか、とはっとさせられたり、起承転結がしっかりしている話が好きです。それでいて、感情の描写も丁寧に書かれているようなものが私にとってベストです。自分の好みは熟知していて、そういうような本をなるべく探すのですが、たまには違ったジャンルのものも読みたいなあと思うときがあります。起承転結がしっかりしている、というのは絶対条件なのですが、青春ものから離れてみよう、とミステリー、サスペンス、恋愛小説、SF、ファンタジー、時代小説……と、面白そうなものは読むようにしています。そうすると、ああ、自分はこういう話も好きだったのか、と新たな好みの発見にもなるし、元々好きなジャンルを、また違った角度から読みことが出来るのです。読書は楽しむことが一番なので、無理に興味のないジャンルを読む必要はありませんが、より深く本の世界を味わうには、いろいろなジャンルに挑戦してみるのもいいと思います。

女優さんが美しいのはなぜ?

Posted by admin on 2014年6月1日 in 雑記 with Comments closed |

雑誌などもそうですが、女優さんやタレントさんの写真集など見ると、とても美しく、魅力的です。やっぱりプロのカメラマンに撮ってもらうと違うのだろうな、と思っていました。もちろん、メイクさんやスタイリストなども入っていますから、その分美しくなりますね。素人でもプロのメイクさんにメイクをしてもらうと、自分でするメイクとは一味違います。
そうはいっても、女優やモデルでもない一般の女性はメイクさんにメイクをしてもらい、プロのカメラマンに撮影してもらっても、プロの女優さんとはどこか違いますね。もちろん、女優やモデルではなくても最近の女性はとてもキレイです。雑誌などに載っている一般女性を見ても、モデルさんと言っても納得してしまうほど美しいです。
それにも増してプロの女優さんやモデルさんは、きれいなだけではなくオーラのようなものが写真からも伝わってきますね。仕事として自分を磨くというのは、方法も力の入り方も違うのでしょう。さらにいろいろな人から見られる仕事をしていると、自然と美しく見せるオーラや雰囲気が身に付くのでしょうね。同じ女性としてはうらやましい限りです。プロのようにはなれませんが、素人でも周りを意識することで少しは美しいオーラが出せるようになれるでしょうか?

鳴き声で分かる犬の気持ち

Posted by admin on 2014年5月24日 in 雑記 with Comments closed |

猫の鳴き声も、甘えている時と怒っている時、エサをねだっている時などさまざまな状況や気持ちで変わりますが、犬もいろいろですね。知らない人に吠える時はとてもうるさいし、飼い主が帰っていた時には「クゥ~ン、クゥ~ン」と甘えた声を出します。犬同士でじゃれあっている時には、「ウ~」と唸るような声を出すこともあります。動物の言葉は分かりませんが、鳴き声の変化で気持ちが分かることがありますね。
犬には遠吠えというものがあります。救急車や選挙カーなどが通ると「ウォーン、ウォーン」と吠えます。その遠吠えは遠くの家の犬まで聞こえるようで、あちらこちらから「ウォーン、ウォーン」と遠吠えが聞こえてきます。遠吠えだけを聞いていると、まるで山の中にいるような気分になります。遠吠えは一体何を意味しているのでしょう?誰かに問いかけているのでしょうか?先日私がお風呂場で鼻歌を歌っていたら、それを聞いていた犬が「ウォーン、ウォーン」と遠吠えをし出したのです。鼻歌にも反応するなんてびっくりです。何だか一緒に歌っているような気分になり、それほどイヤな気分ではありませんでしたが。知らない人が鼻歌を歌いながら通ると、吠えるのに、飼い主の鼻歌は遠吠えになるのですね。犬の習性も理解するのは難しいです。

子どものおしゃれに脱帽

Posted by admin on 2014年5月11日 in 雑記 with Comments closed |

いとこの子どもに洋服を買ってあげようと、一緒にお店に行きました。以前プレゼントした時にはどうやら気に入らなかったらしいので、今度は自分で選ばせたがいいと思ったのです。いとこの子どもはまだ7歳ですが、私よりもオシャレに気を遣っているのではないか、というくらい服選びにはうるさいのです。
電車などで見かける子どももオシャレですね。ファッション雑誌から抜け出たようなセンスのいい服装をしている子どももいます。母親が選ぶ場合がほとんどのようですが、中には本人が選ぶことも多いようです。子ども用のファッション雑誌もあるくらいですから、子どもは子どもなりに勉強しているようです。しかも服だけでなく、帽子やバッグなどの小物使いも上手なのですから、驚いてしまいます。
いとこの子どもとショップがたくさん入っているショッピングセンターに行ったのですが、その中をぐるぐる回り、へとへとでした。なかなかこだわりがあるようで、自分が納得しないとイヤなようです。いっぱしの大人の女性のようです。さんざん迷った挙句、1着のワンピースとボレロを購入。靴も欲しかったようですが、気に入ったものがなかったようです。「靴は今度の週末によろしくね」と言われ、来週は具合が悪くなることにしよう、とひそかに心に決めたのでした。

男性にとって身長の話はタブー?

Posted by admin on 2014年4月30日 in 小説天気 with Comments closed |

小説を読んでいると、主人公の男性って割と身長の高い人が多いような気がします。イメージだけで、実際には低いとも高いとも書かれていないことの方が多いんですけど。でも、実際に周りを見回すとそこまで大きい人ってそんなにいないのかもしれないなぁと思いました。
というのも、先日一緒に仕事をした男性は身長が低い人だったんです。スポーツをやっている人で、子どもの頃から鍛えていたせいか身長が伸びなくて、とほがらかに笑っていましたが、実際は気にしているのかもしれません。自分は身長が低い方なので、男性が低くてもあまり気になりませんが、男性としては身長は高い方がいいようです。男性と女性という違いのせいか、男性に「身長低いですね」ということが、どれほど相手を傷つけるのか分かりません。髪の毛の話題はしてはいけない、と思うのですが身長の話はしてもいいかどうか、はっきり分かりませんでした。でも、その時は彼の方から身長の話を振ったので、もしかしたら気にしているから自分から言ったのかもしれない、と思いました。
他人にとってはそれほど気にならないことでも、本人はとても気にしていること、というのはありますね。そのあたりの判断は難しいところです。相手が自分の欠点を笑いながら話していたとしても、実は相当気にしていることなのかもしれないですよね。特に外見上のことは、気にするものです。その時の彼は明るく話してはいましたが、「背が」「身長が」とかなり言っていたので、きっととても気にしていることなのでしょう。相手が気にしていないようでも、身長の話は髪の毛の話と同じくらいしてはいけない話なのかもしれない、と改めて思いました。

目的がないとつらいことは我慢できない?

Posted by admin on 2014年4月18日 in 晴れ with Comments closed |

努力をしている人は素晴らしい、と感じることがあります。特にアスリートは、体を作り上げるためにトレーニングや食事にとても注意を払いますね。定期的に毎日、苦しくつらいトレーニングに励み、時には食事制限をし、食べたいものも我慢しています。新体操をやっていた友達が「今はジャガイモやサツマイモを食べちゃダメなの」ととても悲しそうに言っていたことがあります。彼女はイモ類が大好物。我慢するのはつらかったことでしょう。
そんな我慢ができるのも目的があるからですね。アスリートたちは、勝利という目標があるから、どんなにつらいことでも、我慢ができるのですよね。恋する女性がキレイになるのも、好きな男性に振り向いてほしい、きれいだと思われたい、と思うからですね。好きな彼が他の女性を褒めようものなら、絶対負けない、とせっせとダイエットやメイクに励みます。それも目的があるからできることです。
何の目的もないと、ダイエットも難しいものです。ぽっこり出てしまったお腹が醜くて、これではいけいない、何とかしなければと思ってもなかなか食事制限はできないし、運動も「今日はいいか」とあきらめてしまうことも。やはり目的がないと、つらいことを我慢するのは難しいものですね。

理想のマスカラを探して

Posted by admin on 2014年4月1日 in 小説天気 with Comments closed |

多くの女性がマスカラに命をかけているように、自分もマスカラにはお金と時間をかけ、一番いいもの、を探し求めていました。自分にとって理想のマスカラは、まつ毛が太く、長くなり、ボリュームアップするもの、1日つけていても、目の下が黒くならないもの、汗をかいても取れないもの、というマスカラです。長さやボリュームアップというのは、けっこう出ているので、いろいろ試してみて、いいと思うものがありました。でも、ボリュームアップになるマスカラは目の下が黒くなりがちなのです。でも、それもウォータープルーフのマスカラを使うことで問題はなくなりました。
また、マスカラをしっかりつけるとクレンジングが大変なのですよね。しっかり落とさないとまつ毛が傷んでしまいます。でも無理やりに引っ張って落とすと、それもまつ毛を傷めてしまう原因に。そこでお湯でも落とせる、というマスカラを発見。さっそく使ってみたら、お湯でも落とせるので汗をかいたらマスカラがすべて落ちてしまいました。これでは困ります。
いろいろ試してみましたが、現在使っているマスカラは、ボリュームアップ効果があり、にじまないウォータープルーフ。クレンジングも無理なく落とすことができるというスグレモノ。気に入っています。

素敵な居場所

ありそうでなかった?女性専用の掲示板があるんです★
他愛もないことを書いたり読んだりするだけなんですが、何だかとても居心地がよくて…。
とても大好きな場所になりました。

Copyright © 2012-2014 今日は私の小説休日 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.